犬の首輪と飼い主のマナー

犬が首輪をしているかどうかで、一般的には飼い犬か野良犬かと見分けている人は多いと思う。

ドッグランで犬を走らせている人は別にして、例えば海岸で首輪のない犬が歩いていたとする。

たいていの人は野良犬ではないか、と思うに違いない。

また、犬の首輪をすると同時に、リードをつけてしっかり飼い主が様子を見てあげないといけない。

なぜなら、近くを歩いている小さな子供を攻撃してしまうこともあるかもしれないからだ。

猫の首輪をつくりませんか。

猫を飼う人にとって、猫の首輪はとてもこだわりがあり、飼うときもとても悩みます。どこかの猫がしていそうなものは嫌だったり、やすっぽいものも嫌です。

ただ、お店に行っても、同じようなものばかりで、仕方なく買うことが多いのが現状です。

そんなひとは、ぜひ猫の首輪をつくってはいかがですか。自分の猫らしい、オリジナルのものをつくることが、いちばんの猫へのプレゼントです。